【液晶パネル】 フォックスコン、成都に第6世代LTPS工場 高解像度パネルでAUO、サムスンと競合
2012-02-28 15:20:03
電子機器受託生産(EMS)世界最大手の台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海)が、中国四川省成都に、第6世代低温多結晶シリコン(LTPS)パネル工場を設立する。台湾紙『経済日報』が伝えたもので、成都市政府が設立したディスプレイ関連会社「天億科技」と提携する。フォックスコンは深センにも第5.5世代LTPS工場を設立しており、台湾AUO(友達)、韓国サムスン(Samsung)、韓国LGディスプレイ(LGD)などパネル大手とスマートフォン、タブレットPC用の高解像度パネル市場でシェアを争う姿勢を鮮明にした形となった。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$712.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI