Site Meter
【産業動向】≪シャープとフォックスコン提携 台湾の視座・6≫シャープの技術でアップルから受注増狙う
2012-03-28 15:35:56
シャープは3月27日、電子機器受託生産(EMS)世界最大手の台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密)グループと、資本・業務提携することを明らかにした。シャープはフォックスコンを割当先とする第三者割当による新株を発行、フォックスコンがこれを669億円で取得する。これによりフォックスコンはグループ全体でシャープ株10%を取得する筆頭株主になる。また、フォックスコンのトップである郭台銘董事長は、シャープの第10世代工場である堺工場の生産・販売を担当するシャープディスプレイプロダクト(SDP)株のうち、シャープが保有する92.96%の半数に相当する46.48%を、660億円で個人で取得する。シャープはこれにより、フォックスコンから合計で約1330億円を調達することになる。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:4,628元
その他海外からのお申し込み:US$718.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI