【EMS/ODM】 崩れる鴻海のiPhone独占 利益低い廉価版に消極的の見方も
2013-03-11 14:39:02
米アップル(Apple)が2013年中に投入するとの観測が強まっているスマートフォンiPhoneの廉価版について、iPhoneのサプライチェーンが集中する台湾の市場や業界で最近、廉価版iPhoneの筐体の受注にEMS(電子機器受託生産)最大手、台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)のグループが受注に失敗したとの観測が拡大している。台湾紙『経済日報』(3月11日付)は、アップルが廉価版iPhoneを2013年8月に発売、サイズは4.5型になると報じた。その上で同紙は、廉価版の筐体はプラスチック製で、プラスチック金型のシンガポールHi-P Internationalと、EMS大手、米ジェイビル(Jabil Circuit)傘下で携帯端末の筐体・部品を手がける台湾Green Point(緑点)が受注を分け合ったと伝えている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI