【液晶パネル】 TCL、華星光電の出資比率を引き上げ 8.5世代ライン増設濃厚
2013-05-16 12:11:49
中国家電大手のTCLが5月3日、傘下のパネルメーカー、華星光電(ChinaStar)に対する出資比率を85%にまで増やした。これについて台湾のアナリストらは、TCLがパネル事業に対する取り組みを強化していくことの現れであり、2013年中に第8.5世代ラインの増設を決める可能性が高くなったとの見方を示している。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI