【EMS/ODM】 鴻海、アップルに報告せず部品調達先を変更? 米紙報道
2013-05-31 11:56:56
5月30日付の『ウォール・ストリート・ジャーナル中国語版』は、米アップル(Apple)が製品の生産委託で、リスク分散を目的にEMS(電子機器受託生産)世界最大手の台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)に対する発注比率を減らす一方、台湾ペガトロン(Pegatron=和碩)を重用し始めていると報じた。同紙は、2013年の投入がうわさされるアップルのスマートフォン「iPhone」の低価格モデルを、ペガトロンが受注したと伝えた。さらに、フォックスコンに対する発注比率を下げた理由として、同社に委託した「iPhone 5」の生産で筐体や機能の不良が発生したことや、部品の調達でフォックスコンがアップルに通知せず部品の調達先を変更したことなどを挙げている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI