【携帯】 MSのノキア買収 生産委託の行方に台湾注目 現状は8割内製
2013-09-05 12:43:16
米マイクロソフト(Microsoft)が9月2日、54億4000万ユーロ(1ユーロ=約131円)でフィンランド・ノキア(Nokia)の携帯電話部門の買収を発表した。ノキアのスマートフォン「Lumia」シリーズの受託生産を手がけるコンパル通信(Compal Communications=華宝通信)など、ノキアのサプライチェーンを多数抱える台湾では、マイクロソフトのノキア買収が今後、台湾産業にどのような影響を与えるかに関心が集まっている。こうした中、台湾の経済紙『工商時報』(9月4日付)の伝えた香港聯昌国際証券のレポートは、ノキアの工場をどのように処理するかなど、今後を占ういくつかの点に注目していく必要があるとしている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI