【液晶パネル】 タッチパネルのCando、ライン2本停止 ノート用不振と中国系台頭で打撃
2013-11-06 12:23:15
タッチパネル大手、台湾TPK(宸鴻)子会社の台湾Cando(達鴻)は2013年11月4日、台湾新竹サイエンスパーク(竹科)にある第3.5世代、第4.5世代の計2本の生産ラインで生産を停止すると表明した。ノートPC(NB)用タッチパネルの需要不振が理由で、今後は台湾台中の新工場に生産を集中させる。台湾紙『経済日報』(11月5日付)は、中国O-film(欧菲光)など、価格戦で攻勢をかける中国系の台頭も、Candoの不振につながったとの見方を示している。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI