【産業動向】 アップル、米にサファイア基盤工場 台湾系は需要規模の拡大に期待
2013-11-06 13:27:49
台湾紙『聯合報』(2013年11月6日付)によると、米アップル(Apple)は、米アリゾナ州Mesa市に、携帯電話向けカメラモジュールや指紋識別対応ホームボタンなどの部品に用いるサファイア基板の生産工場の設立を決めた。6日付の複数の台湾メディアは、今回の措置がアップルの米国製造回帰の一環だと指摘しているが、『経済日報』(同日付)は、サファイアの採用拡大につながるものだとして、現在、アップルにサファイア基盤を供給しているEMS(電子機器受託生産)世界最大手、フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)傘下の台湾Alpha Crystal(鑫晶鑽)や、CWT(兆遠)、Acme(越峰)などの関連業者の業績向上が期待できるとしている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI