【EMS/ODM】 iPhoneの14年受注 鴻海69%・ペガ22%・ウィストロン9% シティ予測
2013-11-25 14:22:10
シティグループ証券(Citi Group Global Markets)台湾の陳思維アナリスト(科学技術産業担当)はこのほど、米アップル(Apple)の2014年における生産委託の戦略についてのレポートを発表した。スマートフォン「iPhone」、タブレットPC「iPad」など人気端末の大半を生産してきた台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)は、受注の中心が14年に投入される新モデルになると指摘した。さらに、現行モデルの受注が他社に流れることで、フォックスコンは部品の受注についても一部を失うことになると予測。同社から流れた分は、組立を台湾コンパル(Compal Electronics=仁宝電脳)、台湾ウィストロン(Wistron=緯創)の新顔2社、部品では金属筐体をCatcher(可成)、JUTENG(巨騰)の台湾系2社がそれぞれ分け合うとしている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI