【EMS/ODM】 台湾系サファイア業者活況 LED・スマホ部品で需要拡大
2013-12-13 12:28:06
LED照明やスマートフォンの光学部品などの用途における需要拡大を背景に、台湾系のサファイア基板メーカーで、業績を大きく伸ばす企業が続出している模様だ。台湾の経済紙『工商時報』(2013年12月12日付)が報じたもので、CWT(兆遠)、ACTC(鑫晶鑽)、CAT(晶美)、Procrystal (佳晶科)、Rigidtech(鋭捷)の台湾系主要5社では、13年11月の営業収益が、揃って前年同月比で6割以上の成長を見せたとしている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI