【液晶パネル】 タブレット用タッチパネル供給で台湾が大幅に後退 アップル受注流出響く
2013-12-17 12:12:16
調査会社DIGITIMES Researchは2013年12月12日に公表したタブレットPC用(11型未満)タッチパネルのレポートで、台湾系業者による出荷が2013年、前年比33.6%減と大幅な落ち込みを見せるとの見方を明らかにした。中国系の台頭や、米アップル(Apple)が新型タブレット「iPad Air」で日系の日本写真印刷(Nissha)の両面薄膜式技術(DITO film or GF2)を新たに採用するなど、台湾系からのシフトが相次いだことを理由に挙げている。(=文末に2011〜15年の台湾、中国、その他地域のタブレット用タッチパネル出荷推移)

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,028元
その他海外からのお申し込み:US$778.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI