【産業動向】 サムスンに見切り? 韓国系の材料・設備業者、中国シフト加速
2014-03-10 14:41:37
韓国系のタッチパネル関連業者や設備業者の中国市場への進出が目立ち始めているようだ。調査会社Digitimes Researchが2014年3月6日のレポートで指摘したもので、スマートフォンとタブレットPC市場において中国系ブランドが存在感を増すなど、タッチパネル需要が中国で拡大しているのが原因。さらに、タッチパネル市場でも昨年来台頭してきた中国系業者が新素材、新技術を取り入れるスピードの面で韓国系業者を上回っていると判断。中国系業者からの受注で穴埋めをしようと、サムスン電子(Samsung Electronics)など韓国系に優先供給する方針を転換し始めたとしている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,028元
その他海外からのお申し込み:US$778.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI