【EMS/ODM】 iWatch供給チェーン確定 サファイアガラス・パネルは台湾系落選
2014-03-14 13:52:53
CIMB証券のWanli Wang首席アナリスト(アジア太平洋下流ハードウェア産業担当)はこのほど発表した最新レポートで、米アップルのスマートウオッチ「iWatch」の2014年出荷台数が6300万台に上るとの見方を明らかにした。発売は14年第3四半期前後、価格は149〜229米ドルで、組立は台湾クアンタ(Quanta Computer=広達電脳)、台湾インベンテック(Inventec=英業達)が受注を分け合うとしている。台湾紙『経済日報』(3月14日付)が報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI