【液晶パネル】 台湾系のウェアラブル端末、14年はヒット望み薄 調査会社が指摘
2014-04-21 12:16:50
調査会社調査会社DIGITIMES Researchは2014年4月17日付レポートで、台湾系パネル業者によるウェアラブル端末の取り組みを紹介した。ウェアラブル端末参入にいずれも強い意欲を見せているエイサー(Acer=宏碁)、ASUSTeK(エイスース=華碩)の台湾系や中国系の端末業者の要請に応じ、パネルをはじめとするサプライチェーンでも準備を進めていると指摘。ただ、ある台湾系パネル業者は、現状を見る限り、14年に台湾系や中国系の業者から業界を歓喜させる新製品は出現しないとの見方を示しているという。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI