Site Meter
【EMS/ODM】 ウェア端末生産、早くも撤退の動き 「20万台受注でも利益ない」と業者
2014-05-08 12:22:20
台湾や中国の受託生産業者で、ウェアラブル端末の生産から一時的に撤退する動きが出始めているようだ。台湾の金融情報サイト『理財網』(2014年5月6日付)が報じたもので、単価や研究・開発費の安さにより、50万台以上の受注規模がなければ利益が見込めないのが原因。現状、ブランド業者からの発注は10万〜20万台規模にとどまっていることから、携帯電話を受託生産する業者の一部は、市場が成熟するまで一時的に生産から撤退することを決めたとしている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:4,663元
その他海外からのお申し込み:US$722.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI