【携帯】 サムスンのスマホ最上位機種「Alpha」、中国BYDの金属製筐体に歩留まりの懸念
2014-07-17 12:22:30
韓国サムスン電子(Samsung Electronics)がスマートフォンの2014年旗艦モデル「Galaxy S5」のプレミアム版として、筐体を金属にした「Galaxy Alpha」という名称のモデル投入を計画している模様だ。台湾紙『経済日報』(2014年7月16日付)が報じた。ただ、スマートフォン用金属筐体を供給する台湾Catcher(可成)、台湾Foxconn Tech(鴻準)、台湾Casetek(鎧勝)など主力業者の生産能力を米アップル(Apple)が押さえているため、サムスンでは、Galaxy Alphaの筐体を中国系業者に発注するとの観測が浮上。市場では、コンピューター数値制御(CNC)装置の保有規模から、中国BYD(比亜迪)の受注を確実視する向きが多いという。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,167元
その他海外からのお申し込み:US$742.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI