Site Meter
【産業動向】 昆山爆発の余波 iPhone 6発売に遅れも 金属研磨工場の一斉検査で
2014-08-04 12:56:02
中国江蘇省昆山市の金属加工工場で2014年8月2日、71人が死亡、186人が重軽傷を負う爆発事故が発生したことを受け、地元の昆山市政府が、事故を起こした工場同様、爆発の原因となった金属の研磨作業を行っている昆山に拠点を置く加工工場約40社に対し、操業を一時停止して自主的に検査をするよう通知した模様だ。中国のネットメディア『騰訊科技』(8月3日付)が報じたもので、40社の中にはEMS(電子機器受託生産)世界最大手、台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)の昆山工場も含まれていると指摘。さらに、金属研磨を実施する工場に対する検査が全国規模にまで拡大した場合、フォックスコンが生産を手がける米アップル(Apple)の次世代スマートフォン「iPhone 6」などの発売時期に影響が出る恐れもあるとの見方を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,144元
その他海外からのお申し込み:US$776.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI