【産業動向】 昆山爆発事故の余波 CHIMEI偏光板新工場の建設に遅れ
2014-09-03 13:42:56
偏光板の台湾CHIMEI Materials(奇美材料)が中国江蘇省昆山に建設する新工場の進捗に遅れが出ている模様だ。台湾紙『聯合報』(2014年9月3日付)が報じたもので、昆山で8月2日に発生し71人の死者を出した金属加工工場の爆発事故を受け、昆山市政府が、同市内にある工場の安全検査を実施していることで、CHIMEIの新工場に対する審査が後回しになったため。同紙は、新工場の量産開始が2015年末か16年第1四半期になるとの見方を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI