【EMS/ODM】 Xpria E3、出荷台数は単月60万台強か アリマ通信受注
2014-09-16 13:27:52
携帯電話受託生産大手の台湾アリマ通信(Arima Communications=華冠通信)は、2014年下半期の主力が、ソニー(Sony)から受注したスマートフォンの入門機で4G(第4世代移動通信)LTEに対応した4.5型「Xperia E3」になる模様だ。また、2015年上半期は、Xpria E3に加え、韓国LG電子(LG Electronics)のインド市場向けスマホ入門機が同社の出荷を牽引するものと見られている。台湾の金融情報サイト『理財網』(9月15日付)が報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,028元
その他海外からのお申し込み:US$778.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI