【携帯】 インド、スマホ供給チェーン構築で韓国・中国と距離 台湾との提携強化に期待
2014-09-30 12:29:12
スマートフォンのサプライチェーン構築を目指すインド政府が、台湾系の供給業者との提携強化を望んでいるようだ。インドのスマートフォン市場でMicromaxなど地場系ブランドが台頭する中、インド政府はサプライチェーン構築にあたり、どの国・地域の企業と関係を強化するかを検討。中国系は国境紛争など中印関係が政治的に不安定なこと、韓国系はサムスン電子(Samsung Electronics)、LG電子(LG Electronics)などブランド業者が強いことを理由に敬遠。こうした中、部品や受託生産で技術、競争力に優れ、ブランド業者であるHTC(宏達電)も、サムスン、LGほどの脅威ではないことから、台湾系との協力を進めたい考えだという。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI