【EMS/ODM】 HTC、Nexus 9で受託生産事業を再開へ 市場は業績への貢献に疑問符
2014-10-09 12:29:58
スマートフォンの台湾HTC(宏達電)の周永明・最高経営責任者(CEO)は、2014年10月4日に発売された新刊書の中で、同社がスマホなど電子機器の受託生産事業を再開することを明らかにした。かつて主力としていたODM(設計・製造)による受託生産事業を再開することで、内製しているHTCブランドのスマホ販売低迷を補うのが狙い。台湾の市場や業界では、米グーグル(Google)が14年10月中に発表するタブレットPC「Nexus 9」の新モデルを、HTCに生産委託するとの観測が強まっている。ただ、Nexes 9の出荷が500万台を割り込む程度にとどまることから、HTCの業績回復につながる原動力にはならないとの見方も出ているようだ。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI