【液晶パネル】 ジャパンディスプレイの業績悪化、中国の販売奨励金減額も一因
2014-10-20 12:31:24
ジャパンディスプレイ(JDI)が2015年3月期の最終損益を268億円の黒字予想から100億円の赤字に下方修正した上、スマートフォン用パネル生産の深谷工場を15年4月に閉鎖することを発表したことで、INNOLUX(群創、旧CMI)、AUO(友達)のパネル大手2社を抱える台湾市場では、中小型パネル市場の先行きを懸念する見方が一気に広がった。中小型パネル成長の大きな原動力になっている中国系スマホも、中国の通信キャリアが販売奨励金を減額した影響で、14年第4四半期の販売は前年同期に及ばないとの見方が出ている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,273元
その他海外からのお申し込み:US$745.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI