【携帯】 サムスン、スマホ中国シェア2位死守に躍起 値引きや低価格モデル強化
2014-10-30 12:44:53
韓国サムスン電子(Samsung Electronics)が、中国市場でスマートフォンのシェア2位を死守するため、一部製品の価格を10〜20%引き下げることを決めた模様だ。『工商時報』『経済日報』など2014年10月29日付の台湾メディアが報じたもので、14年第2四半期、サムスンは中国Xiaomi(シャオミ=小米科技)に抜かれ、中国のスマホ市場シェアで2位に転落。ただ、CoolPad(酷派)、レノボ(Lenovo=聯想)、Huawei(華為)などその他の中国地場系の追撃も激しいことから、3位転落もあり得るとして、同社では危機感を強めているようだ。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI