【EMS/ODM】 スマホ受託生産でも中国系台頭 HipadがHTCから受注か
2014-12-03 12:14:32
中国系の携帯電話ODM(設計・製造)による、HTC(宏達電)、ASUSTeK(エイスース=華碩)、エイサー(Acer=宏碁)など台湾系ブランドからのスマートフォン受注獲得に向けた動きが目立ち始めている模様だ。2014年12月3日付で複数の台湾メディアが報じたもので、携帯電話ODMの中国大手、Hipad(海派通訊)が、HTCからミッドレンジ・入門機の受注に成功したとの観測もある。またHipadが台湾台北に研究・開発(R&D)拠点を設け、IC設計大手のMediaTek(聯発科)など台湾系企業のR&D部門にいる人材に、報酬を5倍にするとの破格の条件を提示してヘッドハンティングを展開していると伝えている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI