【携帯】 小米の15年インド展開 100米ドル機種投入 鴻海と現地工場も
2014-12-04 12:23:25
台湾の経済紙『工商時報』は2014年12月3日付で、スマートフォンの中国Xiaomi(シャオミ=小米科技)のインド展開についての記事を掲載。早ければ15年中にもインドに自前の電子商取引プラットフォーム構築を計画しているほか、米グーグル(Google)が推進する100米ドルのスマホ「Android One」を打ち出す可能性があると指摘。さらにEMS(電子機器受託生産)世界最大手、台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)グループと協力してインドに製造工場を設立する見込みもあるとし、インド市場でトップ5に入ることを目指しているとした。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,273元
その他海外からのお申し込み:US$745.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI