【携帯】 iPhone生産能力の半分を5.5型が独占 アナリスト調査
2014-12-12 12:30:30
米Rosenblatt SecuritiesのアナリストのBrian Blair氏は2014年12月9日に発表したレポートで、米アップル(Apple)のサプライチェーンを対象に行った調査結果として、新型スマートフォンで5.5型の「iPhone 6 Plus」の生産が、アップルのスマホ生産能力の50%近くを占めているとの見方を明らかにした。また、6 Plusの組立を独占受注するEMS(電子機器受託生産)世界最大手、台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)の歩留まりの改善が既に標準レベルに達しているとの見方を示した。台湾の金融情報サイト『理財網』(12月12日付)が報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI