【EMS/ODM】 コンパル、レノボ本体に出資か ノートPC生産合弁は17年契約満了
2015-01-05 11:46:02
ノートPC(NB)受託生産で世界第2位の台湾コンパル(Compal Electronics=仁宝電脳)が、NB世界最大手の中国レノボ(Lenovo=聯想)に出資するとの情報が、台湾市場で浮上している模様だ。台湾紙『経済日報』(2015年1月2日付)が報じたもので、中国安徽省合肥で運営しているレノボとコンパルのNB生産合弁「聯宝」の合弁期間が2017年に期限切れを迎えた時点で、NBの内製率引き上げを目差すレノボが、合弁を解消し聯宝を100%子会社化する意向を持っているとの観測が14年末に再燃。大口顧客を失うことを懸念したコンパルは、関係維持を図るためレノボ本体への出資を考慮しているという。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,273元
その他海外からのお申し込み:US$745.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI