【産業動向】 タッチパネル台湾社15年設備投資 TPKは上場以来最低に
2015-01-05 11:59:03
価格競争の激化による業績の低迷を受け、タッチパネルの台湾系大手では2015年の設備投資を低く抑えるところが多いようだ。うち、最大手の台湾TPK(宸鴻)では100億NTドル(1NTドル=約3.8円)を割り込み2010年の上場以来最低になる見通し。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,273元
その他海外からのお申し込み:US$745.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI