【産業動向】 東莞のスマホ生産、MS撤退でも中国全体のなお5割
2015-02-02 12:57:48
中国では最近、パナソニック(Panasonic)の中国テレビ(TV)生産撤退が報じられたり、米マイクロソフト(Microsoft)が広東省東莞・北京工場の閉鎖を決めるなど、外資系企業の中国生産引き上げが相次いでいる。こうした中、中国紙『南方日報』(2015年1月29日付)は、マイクロソフトが2015年第1四半期中の工場閉鎖を決めた東莞のスマートフォン生産の記事を掲載。同市当局の統計を引用しながら、マイクロソフトの工場閉鎖後も、世界で存在感を増す中国系ブランドのスマートフォン生産により、同市の携帯電話産業は勢いを維持するとの見方を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,273元
その他海外からのお申し込み:US$745.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI