【産業動向】 止まらぬiPad減速 15年は前年比3割減の恐れ KGI証券調査
2015-02-09 11:56:24
アップルウオッチャーとして著名な台湾KGI(凱基)証券の郭明錤アナリストは最新レポートで、米アップル(Apple)のタブレットPC「iPad」シリーズの2015年出荷台数が前年比3割減の4400万~4500万台と、史上最大の落ち込みを見せるとの見通しを明らかにした。その上で、タッチパネルのTPK(宸鴻)、インタフェース対応チップのParade(譜瑞)、バックライトのRadiant(瑞儀)などiPadの台湾系サプライチェーンの業績にマイナスの影響をあたえるとの見方を示した。台湾の通信社『中央社』(2015年2月7日付)が報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI