【液晶パネル】 パネルのCPT、中国の車載IoT市場で成果
2015-03-13 12:13:04
中小型パネルの台湾CPT(華映)が、IoT(モノのインターネット)のうち自動車に特化する「IoV」(Internet of Vehicle)で、中国市場に対する取り組みで成果を上げ始めている模様だ。台湾紙『経済日報』(2015年3月12日付)が報じたもので、移動通信中国最大手チャイナモバイル(China Mobile=中国移動)の第4世代通信(4G)TD-LTEモジュールを内蔵し、音声通話、ショートメッセージの送受信、データ伝送などの機能を備える車載パネルや、中国アリババ(阿里巴巴)の「Yun OS」(阿里雲=Aliyun)を搭載した10.1型車載パネルモジュールを開発、独BMWなどが採用するカーナビシステムの中国Road Rover(路用科技)に供給するという。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,028元
その他海外からのお申し込み:US$778.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI