【半導体】 Apple Watch用SiP受注で利益減少の恐れも 封止・測定のASE
2015-03-26 12:30:28
台湾の夕刊紙『聯合晩報』は2015年3月24日付で、台湾駐在の欧州系金融機関がこのほど公表したレポートで、米アップル(Apple)のスマートウオッチ「Apple Watch」用のシステムインパッケージ(SiP)モジュールの需要が2015年、2000万~2500万枚、16年も4000万枚以下にとどまるなど、期待外れに終わるとの見通しを示したと報じた。その上でレポートが、半導体封止・測定(パッケージング・テスティング)大手の台湾ASE(日月光)について、Apple Watch用SiPモジュールを受注しても、同社の業績に対する貢献度は高くないとの見方を示したと伝えている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI