【携帯】 アップル、台湾通信各社からiPhone修理権取り上げ 中国の中古市場向け確保?
2015-05-12 12:58:48
米アップル(Apple)が、台湾で同社のスマートフォン「iPhone」を修理する権利を台湾の電気通信キャリア各社から取り上げるとの観測が出ている。アップルは2015年4月、EMS(電子機器受託生産)世界最大手の台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)と組んで、中国で中古iPhoneの下取りプログラムと中古機種の販売を開始したが、売れ行きが好調で中古が足りない状態だとも伝えられる。こうした中、台湾でこれまで電気通信キャリアに認めてきた修理の権利を取り上げるのは、中国市場向けの中古を確保するためなのではないかとの見方も出ているようだ。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,167元
その他海外からのお申し込み:US$742.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI