【液晶パネル】 パネル韓国2社、中国の大型用生産能力をそろって拡大
2015-05-19 12:18:56
サムスンディスプレイ(Samsung Display)、LGディスプレイ(LGD)の韓国系パネル2社が、中国での大型パネル生産能力を揃って拡大する模様だ。調査会社DIGITIMES Researchが2015年5月16日付レポートで明らかにしたもので、パネルの中国内での調達拡大を打ち出している中国政府の方針に応じるものだと指摘。うちサムスンは江蘇省蘇州工場の生産能力をガラス基板ベースで現行の単月5万5000枚から15年末期に11万枚まで拡大することを目指し、15年4月から生産設備の調達を始めたと指摘。LGDは広東省広州工場で3段階目の増産を実施、現行の単月9万枚から15年末に12万枚まで引き上げるとした。その上で、地場中国系と韓国系業者による生産拡大が、中国に大型の生産拠点を持たない台湾系、日系にとって打撃になる恐れがあるとの見方を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI