【半導体】 シーラス・ロジック、アップル向け生産をVISからTSMCにシフトか
2015-05-26 12:24:35
IC設計の米シーラス・ロジック(Cirrus Logic)が、オーディオ信号処理ICの生産委託を台湾VIS(世界先進)から台湾TSMC(台積電)へ全面的にシフトする模様だ。調査会社DIGITIMES Researchが2015年5月23日付レポートで伝えたもので、供給先の米アップル(Apple)のスペック向上で、Cirrus Logicでは生産をこれまでの8インチ工場から12インチ工場の45・55nm(ナノメートル)プロセスで行う必要が出たため。12インチ工場を持たないVISでは、流出した受注を補うため指紋認証チップで顧客を開拓する方針だという。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,167元
その他海外からのお申し込み:US$742.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI