【液晶テレビ】 鴻海、メキシコのTV受注で思わぬ苦戦 予想の10分の1以下
2015-06-01 12:22:59
アナログテレビ(TV)からデジタルTVへの移行推進を目的に、メキシコ政府が小型TVを調達する入札の2015年上半期分の落札結果が公表され、EMS(電子機器受託生産)世界最大手の台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)は30万台と、台湾市場が事前に予想していた400万〜500万台を大幅に下回った模様だ。受注台数が最大だったのはメキシコ地場の受託生産メーカーDiamondで140万台、次いで台湾TATUNG(大同)が79万台を受注した。15年6月1日付で複数の台湾メディアが報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,028元
その他海外からのお申し込み:US$778.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI