【液晶パネル】 Apple Watchガラス加工の中国社、サファイアインゴット製造参入へ1200億円調達
2015-06-05 12:31:06
2015年3月に中国深セン証券取引所に上場したガラス加工の中国Hnlens(藍思科技)が6月2日、私募債発行で最大60億2600万元(1元=約20円)を調達すると表明した。うち34億元あまりをサファイアガラスの生産とスマート端末向けプロジェクトに、16億元あまりを3D曲面ガラスの生産に充てる。台湾の夕刊紙『聯合晩報』(6月4日付)は台湾のサファイアガラス業者の話として、Hnlensが米アップル(Apple)のスマートウオッチ「Apple Watch」にディスプレイカバーを供給しているとした上で、今回調達する資金で、サファイアガラスの米GTアドバンスト・テクノロジーズ(GT Advanced Technologies=GTAT)を買収し、アップル用にサファイアガラス製ディスプレイの開発を行う可能性が高いとの見方を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI