【産業動向】 台湾系企業、中国から過去2年で2000億円引き揚げ
2015-06-05 12:48:47
台湾の週刊誌『財訊週刊』は最新号で、台湾系企業が中国から引き揚げた資金が過去2年で500億NTドル(1NTドル=約4円)強に上ったと報じた。人件費の高騰など中国のコスト上昇に加え、台湾企業の技術を「学んだ」中国企業が、ミッドレンジやエントリー向けの市場で、台湾の技術を使った製品を台湾企業よりも低価格で打ち出してくる状況を嫌気し、中国から撤退する企業が相次いでいることが背景にあるとしている。こうした状況が顕著な業種として、中国広東省東莞に拠点を構えていた台湾の製靴業界を挙げている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,028元
その他海外からのお申し込み:US$778.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI