【液晶パネル】 偏光板、需要低迷と価格下落で台湾勢が苦戦
2015-06-15 12:11:00
偏光板の台湾主要3社の2015年5月業績が同6月11日までに出揃った。Optimax(力特)、CHIMEI Materials(奇美材料)は営業収益がいずれも前月比で減少、唯一伸ばしたBenQ Materials(明基材料)も微増にとどまった。台湾の経済紙『工商時報』(6月12日付)は、IT製品の需要低迷で偏光板の値下がりが続くと予想されることから、3社の15年第2四半期通期の業績が事前の予測を下回る恐れが出てきたと報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI