【EMS/ODM】 小米向けインド工場、部品メーカー進出ゼロでインベンテック困惑
2015-06-17 13:45:55
台湾のノートPC(NB)受託生産大手、インベンテック(Inventec=英業達)の黄国鈞・総経理は2015年6月16日に開催した株主総会でインド新工場について、「生産設備の関税で問題があったため、量産開始が少し遅れる。本格的な量産は15年第3四半期になる」と述べた。台湾紙『経済日報』(6月17日付)が報じた。同紙は、インベンテックがスマートフォン大手、中国Xiaomi(シャオミ=小米科技)の生産向けにインド工場を設立したものの、部品業者などサプライチェーンが進出に乗り気でなく、頭を悩ませていると報じている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI