【液晶パネル】 HannStar、オンセル比率3割拡大が目標
2015-06-23 12:17:59
中小型パネルの台湾HannStar(彩晶)が2015年6月11日に株主総会を開催したが、15年下半期の携帯電話用パネルについては、低温多結晶シリコン(LTPS)生産ラインの建設ラッシュなど競争の激化を理由に慎重な見方に終始。コストの安いタッチセンサーをパネルに組み込むオンセル(On-Cell)式パネルが出荷全体に占める比率を15年上半期の10%から同下半期には20〜30%まで高めることで利益の拡大を目指すとした。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,028元
その他海外からのお申し込み:US$778.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI