【携帯】 Galaxy S6と小米旗艦モデル、出荷を下方修正 サムスンはDRAMを中国系に転売か
2015-06-23 12:23:42
韓国サムスン電子(Samsung Electronics)が、スマートフォンの2015年旗艦モデル「Galaxy S6」「Galaxy S6 Edge」の販売が先細りになったことを受け、15年6月、7月の出荷目標を下方修正した上、Galaxy S6シリーズ用に準備していたDRAM、パネルなど内製部品を中国市場向けに転売し始めた模様だ。台湾紙『経済日報』(6月20日付)がDRAM市場の話として報じたもので、DRAMやパネルの業界では、サムスンの動向が価格戦を招く恐れがあるものと見ている。さらに同紙は、スマホの中国Xiaomi(シャオミ=小米科技)が、サムスンのDRAMを搭載する旗艦モデル「MI Note Pro」(小米Note頂級版)の出荷見通しを下方修正し、サムスンからのDRAM調達を削減、これがDRAMの供給過剰を招き始めていると伝えている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI