【産業動向】 中国ネット企業のスマートカー参入相次ぐ 小米・アリババ・バイドゥ・テンセント・LeTV
2015-07-09 12:22:06
中国のネット企業が相次いでスマートカー市場への取り組みを始めているようだ。香港の経済紙『信報』(2015年7月8日付)が報じたもので、スマートフォンの中国Xiaomi(シャオミ=小米科技)がこのほど、カーナビゲーションなどスマートカー関連の特許申請をしたことが判明。さらにソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の中国テンセント(Tencent=騰訊)、ネット通販の中国アリババ(阿里巴巴)、検索の中国Baidu(バイドゥ=百度)、スマートテレビ(TV)の中国LeTV(楽視)も自動運転車の開発などスマートカーへの取り組みを始めていると伝えている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI