【液晶パネル】 タッチパネル業界苦境 スマホもノートもブランド各社の発注振るわず
2015-07-13 12:20:21
タッチパネル業界が、受注規模の減少に苦悩しているようだ。調査会社DIGITIMES Researchが2015年7月10日レポートで明らかにしたもので、スマートフォン用では中国系ブランド各社の発注が低調に推移しているほか、ノートPC(NB)用も、米マイクロソフト(Microsoft)の新OS「Windows 10」の発売前に消費者が買い控えを決め込んでいることから、15年第3四半期末になってようやくブランド各社による新モデル用の発注見通しが立つと指摘。このため、米アップル(Apple)からの受注を握っている業者以外は、価格競争で少ない受注を争奪することを迫られるとし、倒産する業者が続出する恐れもあるとの見方を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI