【EMS/ODM】 銭屋、iPhone用金属製筐体サプライヤーから外れる 台湾紙報道
2015-07-22 12:17:24
米アップル(Apple)の金属製筐体の供給業者から銭屋アルミニウム(Zeniya)が外れ、台湾Foxconn Technology(鴻準)、台湾Catcher(可成)、米ジェイビル(Jabil Circuit)の3社体制になるとの観測が台湾市場で強まっているようだ。台湾紙『経済日報』(2015年7月20日付)が伝えたもので、銭屋がiPhoneに見合う規模にまで供給体制を拡大することが難しいことを理由に挙げている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI