【携帯】 ファナック下方修正、サムスン発注キャンセルが主因? iPhone 6s外観維持も要因
2015-07-30 12:28:18
ファナック(Fanuc)が2015年7月28日、中国市場におけるスマートフォンの需要減少を理由に、16年3月期通期の業績予想を下方修正。同社がスマホの金属製筐体を加工するロボドリルやコンピュータ数値制御(CNC)装置を供給していることから、台湾市場でもスマホの筐体関連企業の先行きに対する懸念が強まった。これについて、台湾の経済紙『工商時報』(7月30日付)は、米アップル(Apple)がスマートフォンの15年旗艦モデル「iPhone 6s」シリーズで、現行モデルから外観を大きく変更しないため、ファナックからロボドリルを大量購入する必要がないことや、韓国サムスン電子(Samsung Electronics)がスマホ販売の落ち込みを理由に、ファナックに対するコンピュータ数値制御(CNC)装置の発注をキャンセルしたことが、業績予想の下方修正の背景にあるとの見方が台湾市場で強まっていると報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,167元
その他海外からのお申し込み:US$742.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI