【産業動向】 人民元切り下げ、iPhone製造業者は利益増 中国販売価格は値上げも
2015-08-17 12:03:21
中国当局が1回目の人民元切り下げを実施した翌日の2015年8月12日、台湾メディアは台湾の電子製品業界が受ける影響についての分析記事を出した。『経済日報』は、人件費の大半を人民元で支払い、製品は米ドル建てで販売するEMS(電子機器受託生産)大手で米アップル(Apple)のスマートフォン「iPhone」を受注するフォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)、ペガトロン(Pegatron=和碩)の2社にとっては有利に働くと指摘した。一方で、アナリストの中には、元切り下げを受け、アップルが中国市場におけるiPhone販売価格を引き上げる可能性が高いとの見方を示す向きもある。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,167元
その他海外からのお申し込み:US$742.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI