【EMS/ODM】 金属筐体Catcher、iPhone 6S効果顕著 15年8月営業収益が歴代最高
2015-09-08 12:22:26
金属筐体の大手の台湾Catcher(可成)が2015年9月6日、同年8月の業績を公表、営業収益は前月比15.2%増、前年同月比43.6%増の71億8600万NTドル(1NTドル=約3.6円)で、単月の歴代最高を更新するとともに、市場の予想を上回った。台湾の経済紙『工商時報』(同7日付)によると、米アップル(Apple)が米国時間9月9日(日本時間同10日未明)に開催するイベントで発表することが有力視されているスマートフォンの15年旗艦モデル「iPhone 6S」シリーズの受注で、Catcherが前年モデルよりも受注比率を増やしたことが8月の好業績につながったものと台湾市場では見ている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,273元
その他海外からのお申し込み:US$745.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI