【液晶テレビ】 中国TV市場で台頭 小米・レノボ・LeTV
2015-10-08 11:28:18
IHS Technologyの謝勤益ディレクターはこのほど、近年、テレビ(TV)販売に参入してきたスマートフォンのXiaomi(シャオミ=小米科技)動画配信のLeTV(楽視網)、PCのレノボ(Lenovo=聯想)の中国系3社に言及。スマートTVとコンテンツサービス双方を販売することにより、TCL、KONKA(康佳)といった中国の従来のTVブランドとは異なる販売戦略やビジネスモデルを採用していると紹介した。謝氏は、この3社が製造面でAmTRAN(瑞軒)、フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)、ウィストロン(Wistron=緯創)、TPV(冠捷)などの台湾系企業に支えられているとした上で、中国TV市場の新興勢力になるとの見方を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI