【産業動向】 「iPhone米国で製造するべき」のトランプ氏当選、台湾EMSは長期的影響を憂慮
2016-11-10 11:33:26
米大統領選で共和党のドナルド・トランプ氏が当選したことを受け、EMS(電子機器受託製造サービス)、ODM(Original Design Manufacturer=設計・製造)大手が集積する台湾では、その影響を分析する記事が出始めている。台湾紙『経済日報』は2016年11月10日付で、「メード・イン・USA」を提唱するトランプ氏の当選について、中国、東南アジアでの製造に依存しているフォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)、クアンタ(Quanta Computer=広達電脳)、コンパル(Compal Electronics=仁宝電脳)等の台湾系業者が長期的な影響を懸念しているとし、米国での製造に向けた対策を検討し始めていると報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI